読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローバーミニに乗る愛知の社畜の日常

笑ってくれればそれでいい。人生においてドMです

自転車パンク事件

 

あれは去年のちょうどいまごろだったような気がします

 

その頃、私は今の職場ではなく

車をもっておらず電車通勤をしており

自宅から最寄り駅まで自転車を使っていました。

 

そんなある日の帰り道

 

 

仕事を終えて自宅近くの最寄り駅で降りて帰ろうとしました

「さっむ。」

そうおもいつつ自転車をとめてある駐輪場に向かうと

なにやら地元の中学のジャージをきた学生が4~5人集まって自転車をかこっていました

 

あれ?あそこおれがとめた自転車のちかくじゃね?

ていうかおれの自転車じゃね?

 

なにやら声が聞こえます

 

怖かったので遠目で見ながら会話をきくことにしました

 

中学生A「やっべwwwめっちゃ空気ぬけるwww」

他中学生「さいこうやwwww」

 

おおん?

何をしてるんや?

私の自転車のタイヤにとがった棒のようなものをなぜさしてるんだ?

そら空気ぬけるやろ?

おおん?

 

 

集団に立ち向かうのはとても怖かったですが

帰りたかったので声をかけることにしました

 

私「ねえねえ、なにしてるの?おれの自転車なんだけど・・・」

中学生A「あーwwwwいやーwwww」

中学生B「いや、空気ぬけるなあと思ってwwww」

他中学生「wwwww」

 

 

こいつらはバカか?

タイヤにとがったものをさしたら空気ぬけるのは当たり前なんです。

 

とりあえず弁償ものだし仕事で疲れていたし腹へったし腹たってきたので

 

私「とりあえず弁償してもらえるかな?親御さん呼んでもらえる?」

中学生A「いやwwww勘弁wwww」

他中学生「wwww」

 

完全に私の事をなめてる

それもそのはずです

身長が高いわけでもなくメガネかけててもさい格好をしてるんだから

イケイケな中学生たちからしたら「こいつ何いってんだレベル」でしょう

 

しかし、相当イライラしていた私はリーダー格っぽいような

中学生Aの胸倉をつかみ

「いいから呼べやこら!!!携帯出せおら!!!」

と怒号をあげると

なぜかびびって

中学生A「あ、すんません。今呼びます・・・。」

と他の中学生たちも一斉に呼び始めました

 

しかしその親を呼ぶ時の会話も腹がたつんです。

 

中学生「あーもしもし。ごめんチャリ、パンクで駅きてくれない?」

 

はああああああああああああああああああああ????

いやお前がパンクさせたんじゃろ????

なに自然にパンクしましたみたいな言い方してんの????

とは思いましたが突っ込むのがめんどくさくなったので

とりあえず私は警察に電話して経緯を説明してきてもらうことにしました

 

 

ここからまためんどくさくなるので

続きはまた明日